透明感のある清潔な院内で暖かい親身なスタッフが的確に対応いたします。 私たちのクリニックでは、事前に納得するまでご相談いただけます。 一人で悩んだり、思いつめたり、孤独になることはありません。 数多くの経験と実績で、貴方に一筋の光を見いだすことをお約束いたします。
最新情報
当院でのモットー
不妊治療はどうして辛いのでしょうか?不妊原因は夫婦ごとに異なり、かつ多岐に及ぶばかりか、夫と妻の両方に原因があることも少なくありません。ガンや腫瘍を手術するように、こうしたら必ず妊娠するという治療法はなく、先が見えなくなりがちです。私の治療の特徴は、固定概念や先入観にとらわれることなくじっくりと診察を行い、問題点を明らかにした上で、これまでに積み重ねてきた過去の多くの症例と照らし合わせて検討し、また世界中の優れた医療機関での治療に関する情報にもアンテナをはり巡らして、一人一人に合った治療方針を立てることで、最短で無理なく無駄のない治療を提供することをモットーにしています。治療する前にあきらめることなく、さあ自分でドア開けてください。最初の1歩は貴方からのアプローチではじまります。
当院での不妊治療の成績

開院当初より、排卵や受精ばかりでなく、妊娠するのに欠くことのできない子宮内の環境整備に重点的に目を向け診療した結果、開業4年で妊娠例はすでに1000例を越えました。昨年1年間ではおよそ300例の妊娠を認めました。妊娠例の半分は体外受精などによるものですが、残りの半分は人工授精などの治療による妊娠です。

昨年当院での体外受精胚移植による妊娠率は43.2%(おととしは50%で、開院以来、45〜50%を維持しています)でした。平均年齢は36歳を越えており、全国でもかなり高いほうですが、ひとりひとりに適した治療の結果、体外受精胚移植を施行した女性のうち、分娩にいたった症例は1回の採卵および胚移植で25%以上でした。つまり1回の体外受精胚移植で4人に1人以上がわが子を抱けるという結果でした。事実、凍結胚移植での妊娠もありますので、採卵4回までには95%以上の女性が、分娩しています。

最新の統計では世界の一流施設でも妊娠率は30〜35%で、その後の流産も少なくなく、分娩にいたるのはせいぜい20%程度といわれています。当院ではそれよりはるかに高い、分娩率25%以上を開院以来連続して達成しています。この結果は、国内はもとより世界でも屈指の成績ですが、この成績以上にうれしいのは、これまで大きな問題もなく分娩し、うまれた子供も皆すくすく大きく育っているという事実です。これは良好な胚を見極め、移植する胚を原則2個までとしていることと大きくかかわっています。

診療内容 技術と実績に裏付けられた最新の理論に基づく不妊治療 詳細
院内紹介 緑と光りに包まれた透明感の溢れる安らぎの空間 詳細
Q&A 不妊治療の疑問・質問・アドバイス院長がお答えします 詳細
↑上へ